全損事故にあった時の保険対応

マイカーを持っている方であれば、多くの方が任意加入の自動車保険に加入をしていることが前提です。

 

自賠責保険は強制加入として全ての方が加入をしている保険になりますが、自賠責保険の場合では対人賠償に限定されている内容になり、その補償額も最低限に設定されています。

 

そのため実用性のある保険を利用する方法として、任意加入の自動車保険に加入をしている方が多いのですが、実際に自動車を運転していると、時には想定外のトラブルに発展してしまうことがあります。

 

事故の中には全損事故と呼ばれているものがあり、大きく分けた場合では2つの内容が用意されています。

 

物理的全損の場合

 

破損している箇所が酷い状態の事故を指していて、既に自動車としての価値はなく、鉄くずのような状態になってしまった修理不可能な状態を指していることが一般的です。

 

経済的全損の場合

 

例えば車両保険での価値が100万円の場合、修理費用が150万円もかかってしまうような事故の場合では、原則として保険金は100万円しか支払われることがありません。

 

保険会社の対応とは?

各保険会社で設定を行っている補償内容になりますが、その背景にはレッドブックと呼ばれているものが存在していて、自動車の価値を記しているものになります。

 

保険会社ではこのレッドブックを参照して自動車の価値を決めているのですが、実際には中古車市場を見た場合では大きなズレが発生してしまっていることも珍しいことではありません。

 

このようなケースでは、全損事故で損をしてしまうことが無いように交渉を上手に行うことが必要になり、例えば本来自動車の持っている価値の基準を示す方法や事故によって破損してしまった物品や持ち物などがある場合はしっかりと補償範囲として請求することも大切なことです。

 

このような交渉に関しては、素人では難しい場合も多々あるので、心配に感じている方の場合では、受け取ることができる保険金を損してしまうことが無いように、弁護士特約などを予め付帯していると安心できます。