弁護士特約で物損事故のトラブルも安心

自動車を所有している方ならば、その多くの方が事故に備えて任意加入の自動車保険に入っています。

 

自賠責保険とは異なり、対人賠償や対物賠償を無制限に設定することもでき、他の補償内容も充実した商品が販売されているので、安心して運転を行うためには欠かせない保険として多くの方々に利用されているものです。

 

自損事故のケース

一方で近年では増加傾向にある物損事故のトラブルなどがあります。自損事故の場合では、車両保険に加入をしていることで、修理代金なども補償される内容があるので、大きな問題に発展してしまうことがありません。

 

自損事故では他人の建造物やガードレールなどを破損させてしまうことも多いものですが、その補償に関しては対物賠償を使うことができるので、この点に関しても大きなトラブルに発展してしまうことが少ない傾向にあります。

 

相手がいる対物事故のケース

ところが、対物事故として相手側が存在している事故を起こしてしまったり、貰い事故として相手側が自動車をぶつけてくる可能性も否定できません。このケースでは後にトラブルに発展してしまうことも多いです。

 

例えば

 

・十分な補償額が支払われない場合
・納得できる修理を行うことができない場合
・事故によって破損した物品等についての補償が行われない場合

 

などがあります。

 

相手側と直接に話し合いを設けることが自動車事故の場合では出来ないケースも多く、双方の保険会社同士で話し合いが行われてしまう場合が殆どです。その内容に納得できない方の場合では、対物事故のトラブルを解決させるために、弁護士特約に入っていると非常に便利に機能します。

 

弁護士特約とは?

弁護士特約は現在では多くの保険会社が用意している内容になります。

 

実際に対物事故などでトラブルが起きてしまった場合、対人事故でのトラブルに関しても弁護士特約に加入をしていることで、別途弁護士を雇う費用を支払うことなく、そのまま専任の弁護士に依頼することができます。

 

常に自動車事故で安心することを希望している方ならば、弁護士特約に加入する方法で物損事故トラブルを納得できるように解決してもらうことができます。