自損事故のトラブル※弁護士のサポートが必要な時

事故はいつ発生するか事前に予測ができないものです。しかし、いざ事故を起こしてしまうと気が動転してしまい、どうしたら良いか不安が大きいものといえます。

 

そんな中で自分自身の不注意で起こしてしまう自損事故があります。自損事故というのは、例えば、コンビニの駐車場で、不注意により自分の車をポールなどにぶつけてしまい、車両が損傷したり、自分自身がけがを負ってしまうという事故のことを言います。

 

自損事故つまり単独事故といわれるものなので、軽く考えてしまいがちですが、道路交通法により、この自損事故についても警察への届け出が義務付けられています。実際に自損事故を起こした場合は、警察に届け出るとともに、任意保険に加入している保険会社への連絡も必要となります。

 

ここで大きな役割を担うのが、保険会社です。自損事故なので、自分の怪我や車両の損害は自分で負担しなければならないと思われるかもかもしれませんが、実は自分の損害についても保険で手当てすることが可能です。

 

ここで気を付けたいのが、自分自身の怪我です。車両の損害については、車両修理の見積もりなどにより、簡単に金額を算出することが可能です。

 

弁護士のサポートがあると安心なケースとは?

自分自身の怪我の程度によっては後遺障害が残ってしまう場合があり、保険で支払われる保険金については、後遺障害の程度によって金額が大きくことなります。

 

この後遺障害の認定の際に、保険会社で提示された等級が低く、トラブルになるケースがあります。そのようなときに安心なのが弁護士によるサポートです。

 

怪我により、後遺障害を負ってしまい、体が不自由になってしまったうえに保険会社と支払いを受ける金額の交渉を行うのは非常に大変です。万が一の事故の場合、専門的な知識を持つ弁護士のサポートを受けることで、スムーズに保険金を受け取りが可能となります。

 

いつ、起こるかわからない事故に備え、こうした弁護士のサポートを受けられるようにしておくことが大切です。