自損事故での怪我※その後の保険対応をチェック

結論から言えば、自損事故での怪我について、健康保険を利用して治療を受けることは可能です。ただ、本当にいいかという場合、注意したい点がいくつかあります。

 

通勤途上や仕事中でない場合

たとえ自損事故であっても、通勤途上や仕事中は、労災保険の適用が優先されます。お医者さんで治療を受けようとしたときに、原因を必ず聞かれますので、このことは正直に答える必要があります。

 

交通事故や喧嘩などの第三者行為である場合

他人の飼い犬に噛まれたなどもそうですが、こうした怪我や病気は健康保険を使うことはできますが、手続きが必要になります。「第三者の行為による傷病届」を提出するということです。

 

故意または過失で他人の権利を侵害した人は、これによって生じた損害を賠償する責任があると民法が定めているので、本来は、そのための治療費は加害者が負担しなければならないというわけです。だから、医療機関で治療はするけれども、後日、医療機関経由で健康保険を扱う協会が、加害者に損害賠償を請求する手続きを行うからです。

 

仮に、治療を受けた被害者の過失割合が大きい場合でも、「過失の大きい被害者」という扱いにはなりますが、同じように第三者行為に傷病届を提出することになります。たまに、交通事故の場合は、病院が自由診療を奨めるケースがあると聞きますが、健康保険や労災保険を適用してもらうのが原則ですから、避ける方が賢明と言われています。

 

なぜなら、自由診療は治療費が全額自己負担になり、保険診療の場合よりも診察などの単価が高くなるマイナスがあると言われています。さらに、保険会社からの支払い金は治療費の内、被害者の過失割合分に充当されるということもあって、受け取ることができる賠償金額が減るということもあるからです。

 

ただ、大きな事故になってしまった場合は、難しいことも含まれてきますので、自分の判断だけで行わなずに、専門家に相談するのが良いと言えます。